秋田のニュース

5ヵ国語で秋田を案内 アプリ無料配信

秋田県が開発した観光案内アプリのデモ画面

 秋田県は、県内の観光地を巡る外国人観光客が公共交通機関を使う際の利便性を高める観光案内スマートフォンアプリ「アキタノNAVI(ナビ)」を開発し、無料配信を始めた。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語の5カ国語に対応している。
 アプリでは観光施設や開催中のイベントを検索できる。電車やバスなどを利用したルート検索をすると時刻表が表示され、目的地までの所要時間や料金を確認できる。
 登録された観光施設は約200カ所。4月以降は、日帰りや宿泊といった条件を選ぶだけでお薦めの旅行プランが紹介される機能が使えるようになる。
 県観光振興課の益子和秀課長は「日本人観光客にも便利なので、どんどん利用してほしい。将来は北東北3県で連携できたらいい」と話した。


関連ページ: 秋田 経済

2017年03月04日土曜日


先頭に戻る