宮城のニュース

<石巻姉妹人形>世界旅行の本に 母つづる

姉妹人形の世界旅行プロジェクトをつづった「ふたりのせかいりょこう」

 東日本大震災で犠牲になった石巻市の佐藤愛梨(あいり)ちゃん=当時(6)=と、妹で小学4年の珠莉(じゅり)さん(9)をかたどった人形が世界を旅したプロジェクトをまとめた本「ふたりのせかいりょこう」(祥伝社)が出版された。多くの人の協力で妹の夢がかなった過程を姉妹の母美香さん(41)がつづった。

 「私たちの人形を世界旅行させてほしい」。本は、2年前のクリスマスに珠莉さんがサンタクロースに宛てて書いた手紙を知った人々が、相次いで海外旅行に連れて行くことを申し出たエピソードを紹介する。
 旅行したのは20カ国・地域に上り、各地を巡った人形の写真を掲載。EXILEのHIROさんら協力者のコメント、同じ飛行機に乗り合わせたサッカー日本代表選手らの写真も載る。
 本では、愛梨ちゃんが幼稚園バスごと津波と火災に巻き込まれて亡くなった状況や、遺族と幼稚園との訴訟といった震災当時を巡る悲劇にも触れた。
 震災6年の節目を前にした出版について、美香さんは「愛梨が生きた6年と亡くなってからの6年を振り返る作業だった。当時を記録に残し、協力してくれた人たちへの感謝を伝えたかった」とかみしめる。
 「珠莉は成長する中で震災や愛梨の身に起きたことを知り、傷つき、悩むと思う。多くの人が夢の実現を支えてくれたことへの感謝が、乗り越える力になると信じている」と話す。
 「ふたりのせかいりょこう」は小B6判、160ページ。定価1300円(税抜き)。連絡先は祥伝社03(3265)1084。


2017年03月05日日曜日


先頭に戻る