宮城のニュース

<楽天>初戦敗れる 森と西宮で8失点

 東北楽天は4日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムでDeNAと今季初のオープン戦を行い、3−9で敗れた。12日まで同球場を拠点として、オープン戦を行う。
 先発森、2番手西宮が七回までに計8失点。終始主導権を許す展開となったが、今江が2打数1安打、フェルナンドが1安打1打点と活躍。ドラフト5位新人の森原(新日鉄住金広畑)は1回無失点の結果を残すなど、順調な仕上がりを印象づけた。
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表から離脱した嶋は7日にチームに復帰する見通し。
 4日現在の1軍メンバーは次の通り。
 ▽投手(17人)岸、森、安楽、釜田、美馬、西宮、ハーマン、菅原、浜矢、大塚、森原、高梨、辛島、古川、小山、福山、久保▽捕手(3人)足立、伊志嶺、細川▽内野手(8人)阿部、茂木、藤田、今江、銀次、内田、ウィーラー、三好▽外野手(8人)岡島、松井稼、聖沢、福田、田中、枡田、島内、フェルナンド

 東北楽天−DeNA(13時1分、倉敷、10,741人)
DeN120011310=9
楽 天000010020=3
(勝)クライン1試合1勝
(敗)森1試合1敗

 東北楽天は先発森の乱調が響いた。変化球の制球に苦しみ、5回1/3を投げ、被安打6、5失点(自責点4)に終わった。打線は4点を追う五回1死満塁、島内が押し出し四球を選んだ後、内田、足立が連続三振に倒れたのが痛かった。八回に銀次の適時打などで2得点して反撃したが遅かった。

☆イヌワシろっかーるーむ
<森原康平投手(九回に登板して1回無失点)>
「うまく内角を突いて抑えられた。球速より制球を優先して投げたのが良かった」


2017年03月05日日曜日


先頭に戻る