宮城のニュース

<楽天>フェルナンド 合流後初安打

 フェルナンド、合流後初安打 六回の守備から途中出場したフェルナンドが、2日に1軍合流してから初の安打を記録した。「練習からバットをしっかり振れ、いい感じできている」と笑顔で語った。
 「少々ボールでも、初球からどんどん振っていきたい」と狙った通り、この日の初打席となった七回、1死一塁から左腕野川の初球を強振して右前に運んだ。八回には2死満塁から四球を選んで押し出しで初打点を挙げ、大敗の中での収穫となった。
 「僕の場合、打撃練習は調整じゃなくアピールの場」と練習から全力で取り組む24歳。「求められているのは長打。次は二塁打以上を打ちたい」と意気込んだ。


2017年03月04日土曜日


先頭に戻る