岩手のニュース

<わたしの道しるべ>東北らしい作品心掛け

◎デザイン事務所「homesickdesign」 清水真介さん(34)=盛岡市

 岩手県盛岡市で企業や個人事業主の商品パッケージ、名刺などを手掛けるデザイン事務所を経営しています。顧客の8割が岩手、青森、宮城などの企業。喫茶店のショップカードや市民劇団のポスターも作っています。
 岩手大を卒業後、東京都や三重県でデザイナーとして働きましたが、文化も自然も豊かな盛岡市で事務所を設立しようと、2010年冬に帰郷しました。
 東日本大震災を経験し、自分の仕事は人の命を直接的に救えないと強く感じました。アートは生活の中で最後に求められる要素だと思います。だからこそ目新しいだけではなく、愛され続ける作品を送り出したいと心掛けています。
 1月の「岩手アートディレクターズクラブ」の公開審査会では、私たちが制作した、わんこそば店の名刺がグランプリを受賞することができました。
 デザインには、東北の暮らしの個性を生かすことを常に考えています。東北の発展を目指す顧客の要望に応え、気持ちを込めて作り上げていこうと思います。


2017年03月05日日曜日


先頭に戻る