宮城のニュース

<来てけさいん市>石巻3市町が特産品PR

特産品や工芸品を買い求めた来場者=5日、JR仙台駅

 東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻地方の沿岸3市町の特産品を販売する「石巻・東松島・女川 来てけさいん市」が3〜5日、JR仙台駅2階で開かれた。
 3市町とJR東日本が主催。2回目の今回は、水産加工会社や洋菓子店、木工品製造会社など21社が自慢の品々を並べた。訪れた買い物客らは、試食品を口にしたり、工芸品を手に取ったりしながら、それぞれの魅力を楽しんだ。
 仙台市若林区の会社員阿部修さん(41)は女川町産のサンマの煮付けを購入。「日本酒のつまみにもってこいで、晩酌が楽しみ。復興の応援になればうれしい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月06日月曜日


先頭に戻る