宮城のニュース

花粉警戒の季節 啓蟄の5日 気温上がる

広い範囲で葉が赤や茶に変色したスギの木=5日午前11時ごろ、仙台市青葉区の瑞鳳殿

 二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」の5日、宮城県内は高気圧に覆われ、穏やかな一日となった。
 仙台管区気象台によると、最高気温は丸森13.7度、塩釜12.0度、仙台10.9度など。各地で平年を1〜5度上回った。

 仙台市内は薄曇りで、時折、雲間から柔らかな日差しが注いだ。青葉区の瑞鳳殿ではスギの葉が広範囲で赤茶に変色。本格的な花粉の飛散を告げる現象で、観光客が不安げに眺めた。
 6日の県内は気圧の谷が通過する影響で曇りとなり、夕方から夜にかけて雨や雪の降る所がある見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月06日月曜日


先頭に戻る