宮城のニュース

<回顧3.11証言>被災地の大学 重責自覚

大勢の学生や市民が避難した石巻専修大の学内=2011年3月11日午後4時5分ごろ、宮城県石巻市の石巻専修大(石巻専修大提供)

 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市で、建物や設備への被害が比較的少なかった石巻専修大は震災直後から、災害対応の最前線拠点として役割を果たしてきた。避難してきた多くの市民を収容する一方、ヘリポートや救護所、ボランティアセンターが相次いで開設された。未曽有の事態への対処を迫られた教職員や学生たちは、戸惑いながらも全力で運営を支えた。(東野滋、土屋聡史)

◎石巻専修大の奮闘(下)

 震災発生から一夜明けた2011年3月12日、石巻専修大の教職員は詰め掛けた大勢の避難者の対応に追われる一方、学生、大学院生計約1900人の安否確認という重い課題に直面していた。電気も電話も使えない中で、懸命の作業が始まった。
 「サーバーが使用できないなんて…」
 事務課の千葉真哉さん(34)は12日朝、同僚の報告に頭を抱えた。学生の住所や連絡先を管理するサーバーがある棟には、自家発電の電気が供給されていなかった。
 「手作業でやるしかない」。紙の名簿から沿岸部に住む学生を片っ端から抜き出し、リストを作成した。電話の復旧と同時に、一斉に安否確認に取り掛かるためだった。
 姉妹校の専修大(東京)は12日、ホームページ上で石巻専修大の学生に安否を連絡するよう告知。仙台市に住む石巻専修大の教員は、手持ちの名簿を基に学生に電話をかけた。
 石巻、仙台、東京にそれぞれ寄せられた学生からの連絡を集計できたのは21日。1675人の安否がやっと確認できた。
 実際にゼミの所属学生を捜し回った教員もいる。経営学部の李東勲(イ・ドンフン)准教授(41)は12日朝、市内に住む8人の安否を確かめようと、避難先の高台から市中心部に向かった。
 避難所と病院を回ったが、誰も見つからない。ヘドロの異臭が漂い、がれきや車の残骸が散乱する光景を前に最悪の事態が頭をよぎった。
 「先生、先生!」。突然、耳慣れた声が聞こえた。5メートル先にある水没寸前のアパートの2階で、男子学生が手を振っているのが見えた。
 一呼吸置いて叫び返した。「けがはないか! 食料はあるか!」。李准教授は15日、8人全員の無事を知った。
 3月30日、安否確認に一定のめどが付いた。学生6人、入学予定者1人が津波にのまれて亡くなっていた。
 自宅が津波で流失するなど被災した学生は約400人に上る。職員は下宿先や交通手段の確保、新学期の準備という新たな仕事に奔走し、5月20日の大学再開にこぎ着けた。
 「親を亡くし、つらい思いをする子どもを見てきた。将来、サポートしてあげたい」
 震災発生から間もなく6カ月。学生たちは若い心で震災を受け止めている。
 理工学部4年の小川雄也さん(22)は大学院に進み、小学校教師になることを決めた。避難所となった大学で多くの子どもと接したのが理由だ。
 「祖父母が戦争体験を語ってくれたように、震災で何があったかを次世代に伝えたい。被災地の学生だからこそできることだし、その責任がある」=2011年9月1日、河北新報
          ◆         ◆         ◆
 2011年3月11日の東日本大震災発生以来、河北新報社は、被災地東北の新聞社として多くの記事を伝えてきた。
 とりわけ震災が起きた年は、記者は混乱が続く中で情報をかき集め、災害の実相を明らかにするとともに、被害や避難対応などの検証を重ねた。
 中には、全容把握が難しかったり、対応の是非を考えあぐねたりしたテーマにもぶつかった。
 6年の節目に際し、被災者の「証言」を集めた一連の記事をあえて当時のままの形でまとめた。記事を読み返し、あの日に思いを致すことは、復興の歩みを促し、いまとこれからを生きる大きな助けとなるだろう。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月06日月曜日


先頭に戻る