宮城のニュース

女子大学生殴り現金奪う 仙台で男2人逃走

 5日午後10時40分ごろ、宮城県仙台市太白区郡山5丁目の市道で、歩いて帰宅途中の同区の女子大学生(22)が男2人に棒状の物で襲われ、現金約2万円を奪われた。女子大学生は右頬の骨を折る大けがをした。仙台南署は強盗傷害事件として2人の行方を追っている。
 南署によると、男2人は背後から徒歩で近づき、女子大学生の頭を軽くたたき、振り向きざまに堅い棒状の物で顔を殴り付けた。男2人は現金2万円とキャッシュカードが入ったショルダーバッグを奪い、JR太子堂駅方面に徒歩で逃走したという。
 女子大学生は血を流して近くの民家に駆け込み、住人が110番した。殴った男は身長約165センチ、黒いパーカーを着て、ズボンをはいていた。
 現場は郡山中から南に約100メートルの住宅街。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月06日月曜日


先頭に戻る