宮城のニュース

<楽天>必勝リレー担う救援新戦力に明暗

3番手で2回無失点と好投した東北楽天の小山

 守護神松井裕樹につなぐ必勝リレーを担う救援投手は誰になるのか−。東北楽天期待の新戦力、小山雄輝が2回無失点と好投し、評価を高めた。回をまたぐ救援を難なくこなし、ロングリリーフの適性も示した形で、「制球はいいし、走者を背負ってもクイックで投げられるし。安定している」と梨田昌孝監督のほおを緩ませた。
 一番の見せ場は七回、2死一塁。シリアコを外角へのフォークボールで狙い通りに三振に仕留めた。今回登板で、対外試合6戦通算7回無失点。いずれも無四球で、小山は「フォークの制球にまだ課題があるが、ストライクゾーンの中で打者と勝負できている」と順調な仕上がりを実感する。
 一方、同じく新戦力の救援候補ハーマンは小山と明暗を分けた。対外試合3試合目となった投球は、九回に長短5連打を浴びて4失点。さらに走者を背負った時の動作に対して制止の時間が短いとみなされ、2度ボークを告げられる場面もあり、ピンチでの投球に課題を残した。
 「ちょっと困惑している。1度取られて、注意していたのに2度目だったから…」と日本式の判定に戸惑うハーマン。対して梨田監督は「走者を背負った実戦投球は今回が初めてだったし、ハーバード大出身で学習能力が高いから大丈夫でしょう」と楽観視していた。(金野正之)


2017年03月06日月曜日


先頭に戻る