宮城のニュース

<仙台政調費訴訟>市長、5会派に返還請求

 仙台市議会の2008年度政務調査費(政調費、現政務活動費)を巡る返還請求訴訟の判決確定を受け、奥山恵美子市長は6日、当時の5会派に対し、判決で違法な支出と認定された計約1810万円の返還を請求した。判決確定から60日の4月24日が返還期限。
 請求の内訳は改革ネット・自民約521万円、公明党市議団約410万円、きぼう約363万円、社民党市議団約322万円、民主クラブ仙台約191万円。訴訟は仙台市民オンブズマンが提起し、最高裁が2月23日、奥山市長の上告受理申し立てを退けた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年03月07日火曜日


先頭に戻る