福島のニュース

<原発避難>富岡の県3機関は4月1日再開

 福島県は6日、東京電力福島第1原発事故で移転している土木事務所など3機関について、富岡町内での業務を4月1日に再開すると発表した。帰還困難区域を除く同町の避難指示解除に合わせる。
 3機関は富岡土木、ふたば復興(旧原子力等立地地域振興)の両事務所と富岡林業指導所で、計50人ほどが富岡合庁勤務となる。それぞれ広野町、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)、南相馬市から戻る。
 内堀雅雄知事は6日の定例記者会見で「富岡町を県や国の出先機関が集まる拠点に戻すことが(復興に向けた)住民へのメッセージになる」と述べた。


2017年03月07日火曜日


先頭に戻る