福島のニュース

<チームラボ>最新デジタル作品 体験しよう

チームラボの「Nirvana」

 最先端のデジタル技術を体験できるイベント「Future World AIZU」(実行委員会主催)が11〜29日、会津若松市の会津稽古堂で開かれる。国際的に活躍するデジタルアート集団「チームラボ」の作品などを紹介する。
 チームラボの作品は4点。「グラフィティネイチャー」は床に多様な自然界が映し出され、来場者が描いた動物が動きだす。「円相 無限相−VR」は、VR(仮想現実)技術を使ったゴーグルを装着した鑑賞者が仮想空間に文字を書くことができる。
 「まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり」は、山や鳥などの象形文字を映した壁に触れると文字の世界が映し出される。江戸時代の絵師伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風(びょうぶ)」をモチーフにした「Nirvana(ニルバーナ)」は絵の中の動物が動く。
 ブロック玩具を使ったロボットの組み立てや操作、昔の写真の記録保存など、地元企業や会津大によるデジタル技術を学ぶワークショップもある。
 チームラボのアート展の入場料は高校生以上500円で中学生以下無料。アート展以外は無料。連絡先は会津若松市企画調整課0242(39)1201。


関連ページ: 福島 社会

2017年03月09日木曜日


先頭に戻る