広域のニュース

<おんぶ政務官>今度は「長靴業界もうかった」

長靴姿でワサビ畑を視察する務台政務官(右)=2017年1月13日、岩手県岩泉町

 務台俊介内閣府政務官は8日夜、岩手県の台風被害の被災地を昨年9月に視察した際、長靴を持参せず、職員に背負われて水たまりを渡った自らの対応に関し「たぶん長靴業界は、だいぶ、もうかったんじゃないか」と述べた。「その後、政府が持つ長靴が、えらい整備されたと聞いている」と前置きしての発言。軽率だとの指摘を受ける可能性がある。
 東京都内で開いた自身の政治資金パーティーのあいさつの中で、当時批判が相次いだことを踏まえ「一挙手一投足、細心の注意を払っていかないといけないと思った」とも語った。
 当時の務台氏の行動を巡っては「被災者の心情への配慮に欠ける」との声が噴出した。務台氏が「大いに反省している。(長靴を)持参しなかったことも反省している」などと陳謝。政府は「不適切だった」とする答弁書を閣議決定した。


関連ページ: 広域 政治・行政

2017年03月09日木曜日


先頭に戻る