宮城のニュース

<気仙沼市予算>6年連続1000億円超に

 宮城県気仙沼市は9日、161億6867万円を追加する2017年度一般会計補正予算案など15議案を、開会中の市議会2月定例会に追加提案した。追加は復興交付金第17回配分に伴うものが中心で、追加後の実質的な当初予算規模は1021億5802万円と6年連続で1000億円を超える。
 補正では、結婚新生活支援補助金1080万円を計上した。17年度内に結婚した市内居住の新婚世帯を対象に、住宅の取得、賃借、リフォーム、転居の費用を1世帯当たり24万円まで補助する。夫婦の合計所得が340万円未満であることを条件とする。
 同日の本会議では、初日提出の東日本大震災遺構保存条例制定案を全会一致で可決した。市が遺構として保存活用する気仙沼向洋高旧校舎を対象に、建築基準法の適用除外手続きなどを定める。被災自治体で同様の条例を制定するのは初めて。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年03月10日金曜日


先頭に戻る