宮城のニュース

<にゃんとワンポイント>役割重要ケア適切に

高い聴覚能力を持つ猫。耳のケアには普段からの観察が重要だ=仙台市青葉区、猫カフェ天使のこねこネコ

◎猫の聴覚

 愛猫が何もない空間を見つめたり、耳をせわしく動かしたりしている姿を見て、不思議に思った経験はありませんか。
 ヒトが聞くことができる音の上限は約2万ヘルツ。猫はその3〜4倍の高周波を聞き取ります。三角の耳(耳介)は集音器の役割を果たします。小さな音を増幅させて聞くことができるので、ヒトには聞き取れないさまざまな音に反応できるのです。耳を器用に動かし音源を特定する力も優れています。こうした能力はハンターとして猫が発達させてきたものです。
 これらに加え、平衡感覚やコミュニケーションにおいても耳は重要な役割を果たします。ホームケアで耳の病気予防や早期発見に努めてみてはどうでしょう。
 ケアの方法は、性格や耳介の形態、耳道の状態により多少異なります。大切なことは「普段の観察」と「いじり過ぎない」です。健康時の行動と耳の状態を知ることで、異常の早期発見が可能です。
 異常な状態とは、いつもより耳あかが多い、赤く腫れている、頻繁にかくなどです。耳あかを取る際も注意が必要です。こすり過ぎたり、アルコールで拭いてみたり、綿棒で耳あかを奥に押し込んでしまったり−。これらの行為は外耳炎を誘発し、悪化の要因になってしまいます。
 痛い経験をすると耳に触られることを嫌がるようになります。ケアの準備を始めた途端、隠れてしまう猫もいます。
 ケアの時間は愛猫との触れ合いの時間でもありますので、互いがストレスを感じることなく楽しい時間を共有することが理想です。まずは動物病院で愛猫に合った正しいホームケアを教わってみてはいかがでしょうか。(専門学校講師・獣医師 成沢千香)


2017年03月10日金曜日


先頭に戻る