宮城のニュース

<栗原女性遺体>被告の男に懲役9年判決

遺体の発見現場となった空き家=2015年10月5日、宮城県栗原市栗駒文字

 元交際相手で仙台市出身の白鳥真由さん=当時(16)=に暴行して死亡させ、遺体を宮城県栗原市内の山林に遺棄したとして、傷害致死罪などに問われた無職佐藤亮被告(31)=栗原市出身=の裁判員裁判で、仙台地裁は10日、懲役9年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。
 小池健治裁判長は「白鳥さんの言動に振り回された被告が強い怒りを募らせ、何らかの暴行を加え、死亡させた」として傷害致死罪も適用した。被告の暴行が原因で白鳥さんが死亡したかどうかが最大の争点だった。
 判決によると、被告は2014年12月11日、東京都杉並区の自宅アパートで白鳥さんの両肩付近を押すなどの暴行を加えて死亡させ、15年3月15日ごろ、空き家になっていた栗原市栗駒文字の実家裏の杉林に遺棄した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月10日金曜日


先頭に戻る