宮城のニュース

<センバツ>仙台育英 初戦は福井工大福井と

大阪市内で行われた第89回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=10日午前

 第89回選抜高校野球大会(19日開幕、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、出場32校の対戦相手が決まった。2年ぶり12度目の出場となる仙台育英は第4日の第1試合で福井工大福井と対戦する。
 4年ぶり4度目の盛岡大付(岩手)は第2日の第1試合で高岡商(富山)と、21世紀枠選出で選手10人の不来方(岩手)は第5日の第3試合で静岡と当たる。
 第1日の第2試合は昨秋の明治神宮大会を制した履正社(大阪)と総合力が高い日大三(東京)との好カード。強打者の清宮幸太郎主将を擁する早実(東京)は第5日の第2試合で明徳義塾(高知)と顔を合わせる。
 史上3校目の春連覇を目指す智弁学園(奈良)は第1日の第3試合で熊本工と、史上5校目となる夏春連覇に挑む作新学院(栃木)は第4日の第3試合で帝京五(愛媛)と対戦。40年ぶりに出場する21世紀枠の中村(高知)は第2日の第3試合で前橋育英(群馬)に挑む。
 開会式の選手宣誓は抽選で作新学院の添田真聖主将が選ばれた。

<レベル高い印象/仙台育英・西巻賢二主将の話>
 対戦相手が決まり、今まで以上に甲子園をイメージして練習や練習試合ができる。福井工大福井は走攻守のレベルが高い印象があるが、自分たちのやるべきことは変わらない。

<10点差でも逆転/盛岡大付・比嘉賢伸主将の話>
 これで相手の特徴に合わせた練習や対策など具体的な準備ができる。高岡商はチーム力があると思う。でも、10点差を逆転する自信がある。一冬練習してきた成果を見せたい。

<実感湧いてきた/不来方・小比類巻圭汰主将の話>
 甲子園の実感が湧いてきた。相手は打撃がいいようだが、自分たちも(練習は)打撃だけやってきた。人数で注目されても逆にアピールするぐらいの気持ちで一つ勝ちたい。


2017年03月10日金曜日


先頭に戻る