宮城のニュース

<仙台市人事>市民局長 村山氏有力

 仙台市は4月1日発令の定期人事異動のうち、局長級の人事を固めた。市民局長に村山光彦青葉区長(59)を登用し、後任に佐藤良一青葉区副区長(58)が昇格する。教育委員会の実質的な事務方トップとして「副教育長」ポストを新設し、加藤邦治まちづくり政策局次長(52)を起用する。
 このほか、定年退職を迎える鈴木三津也都市整備局長(60)を再任用して続投させる。会計管理者に星康一青葉区理事兼宮城総合支所長(58)、消防局長に中塚正志子供未来局次長(55)、監査事務局長に堀田剛司教育局理事(57)を、それぞれ充てる。
 区長は青葉以外の4区も交代。宮城野区長に岡崎宇紹健康福祉局次長(54)、若林区長に白川由利枝文化観光局理事(57)、太白区長に佐藤伸治交通局次長(53)、泉区長に芳賀洋一総務局次長(53)がそれぞれ就任する。
 局長級は留任者が多く、小幅な異動となる。市は22日に定期人事異動を正式発表する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年03月11日土曜日


先頭に戻る