宮城のニュース

<震災6年>戻って 7人思い生きる

「社会人になれたと、支援してくれた人に感謝を伝えたい」。被災した自宅跡で思いを語る三浦さん

 昨春に大学を卒業し、古里、宮城県気仙沼市内の保育所の管理栄養士になった。食材の発注や調理を担う。給食を頬張る乳幼児に気を配り、アレルギーがある子に特別食を考える。

◎三浦美咲さん=宮城県気仙沼市=

 「毎日いっぱいいっぱい。でも、子どもたちが食べてくれるのはうれしい」。三浦美咲さん(23)の言葉に充実感がこもる。
 東日本大震災の発生当時、市内の高校2年生だった。津波で曽祖母みわのさん(93)、祖父秀雄さん(74)、祖母芳子さん(72)、父芳弘さん(43)、母美江子さん(41)、妹の美穂さん(15)と美輝さん(6)=年齢はいずれも当時=が帰らぬ人となった。
 家族で残ったのは一人きり。杉ノ下地区の自宅も流され、親戚の家に身を寄せた。心配する周囲から「7人の分まで頑張って生きて」と励まされた。
 高校3年の時、面識のない人から手紙が届いた。「人生は1人分。あなたの人生を生きればいいのよ」。7人分。それが重荷になると気遣ってくれた。「ふっと心が軽くなった」
 大学に進み仙台市で暮らすうち、古里で働く思いを強めた。親戚は頼りになり、田んぼを委託した農家のおじさんは作ったコメを届けてくれた。自宅跡の草むしりをしてくれるボランティアに「申し訳ない」と思うことも。支えてくれる人たちが古里にいた。
 「社会人になったら人に任せっきりにできない」。ひたすら勉強し、管理栄養士の国家試験に一発で合格した。「震災遺児として授業料も生活費も支援をもらう私に、試験に受からない選択肢はなかった」と多くの人に感謝する。
 祖母と父、美穂さん以外、見つかっていない。でも、あの頃の記憶のまま、自分の中で生きている。
 「ただいま」。自宅跡は海に向かって風が強く吹く。「当たり前のことが、当たり前ではない。毎日を大切に生きていきます」


2017年03月11日土曜日


先頭に戻る