宮城のニュース

<栗原女性遺体>地裁 死亡と暴行に因果関係

 元交際相手で仙台市出身の白鳥真由さん=当時(16)=に暴行して死亡させ、遺体を宮城県栗原市内の杉林に遺棄したとして、傷害致死罪などに問われた無職佐藤亮被告(31)=栗原市出身=の裁判員裁判で、仙台地裁は10日、懲役9年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。
 小池健治裁判長は「被告は白鳥さんに暴行を繰り返していた。鼻骨やあばら骨の骨折は死亡までの2日間に生じた可能性が高い。第三者が事件現場に侵入した可能性は考えにくく、被告が犯人である可能性は相当高い」と述べ、最大の争点だった死亡と暴行との因果関係を認めた。
 捜査段階で被告は「殺してしまった」と供述し、公判では否認に転じた。判決は「被告は捜査段階から一貫して白鳥さんに暴行を加えた事実を認めていた。白鳥さんの両肩を押したことも公判で認めており、捜査段階の供述は信用できる」と判断した。
 さらに「(被告からの暴力を訴え)警察に2回駆け込むなどした白鳥さんに、被告は強い怒りを募らせて犯行に及んだ。3カ月間も遺体を隠したのは自己保身を優先したためで身勝手。若い命が一瞬で奪われた結果は重大だ」と指摘した。
 判決によると、被告は2014年12月11日、東京都杉並区の自宅アパートで、白鳥さんの両肩付近を両手で思い切り押し倒すなどの暴行を加えて死亡させ、15年3月15日ごろ、空き家になっていた栗原市栗駒文字の実家裏の杉林に遺棄した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月11日土曜日


先頭に戻る