宮城のニュース

<震災6年>亘理 一日も早く

献花台に花を手向け、冥福を祈る参列者=2017年3月11日午後4時ごろ、宮城県亘理町の町中央公民館

 東日本大震災から6年がたった11日、津波被害を受けた沿岸の宮城県内13市町で追悼式や慰霊祭が営まれた。県内では9500人以上が犠牲になり、七回忌を迎えてもなお1200人余が行方不明のまま。参列した遺族や友人は大切な亡き人に思いを寄せ、祈りをささげた。
 亘理町の追悼式は町中央公民館であった。約360人が参列し、町内の犠牲者306人の冥福を祈った。
 夫を亡くした会社員足利静枝さん(45)は「20歳の息子が今春、就職できた。夫がずっと見守ってくれたおかげ。感謝の気持ちを伝えたい」と語った。
 祭壇には民謡を通じて親交がある山形県大江町から贈られた桜が置かれ、参列者は亘理産の菊を献花して鎮魂を願った。
 斎藤貞町長は「住居やなりわいの再生、教育環境整備など復興計画を着実に進めてきた。一人一人が力を合わせて一日も早く『新生亘理』を実現したい」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月12日日曜日


先頭に戻る