宮城のニュース

<震災6年>神戸と祈りつなぐ

竹灯籠を囲み、地震発生時刻に黙とうする住民ら=2017年3月11日、名取市の愛島東部仮設住宅

 宮城県名取市閖上地区の被災者らが暮らす愛島東部仮設住宅で11日、阪神大震災の犠牲者鎮魂のためのガス灯「1.17希望の灯(あか)り」から分灯された火を用いた追悼の催しが開かれた。東日本大震災の犠牲者名などが書かれた竹灯籠約300本を並べ、犠牲者を悼んだ。
 住民や神戸市の市民団体「神戸・心絆(ここな)」のメンバーら約100人が参加。竹灯籠で「WE ☆ ユリアゲ 3.11」の文字を作り、住民らが分灯された火をともしていった。地震発生時刻に参加者全員で黙とう。絆を確かめるため、みんなで手をつないで竹灯籠を囲んだ。
 仮設住宅の菅原忠男自治会長は「神戸の方々には感謝の言葉しかない。あの日のことは忘れられないが、一日も早く将来の不安が取り除かれ、明るい未来が来ればいい」と話した。

[注]☆はハートのマーク


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月12日日曜日


先頭に戻る