宮城のニュース

<ベガルタ>今季初黒星 神戸に0ー2

 第3節最終日(11日・ユアスタ仙台ほか=6試合)仙台が神戸に0−2で屈し、今季初黒星。神戸は唯一の開幕3連勝で勝ち点9として首位に立った。
 G大阪はFC東京を3−0で退け、2連勝で同7の2位。J1復帰の清水は新潟を2−0で下し2連勝とした。
 磐田は大宮に2−1で競り勝ち、今季初勝利を挙げた。中村俊が直接FKを決め、移籍後の初ゴール。大宮は開幕3連敗を喫した。鳥栖は広島を1−0で破り初勝利。広島は3戦勝ちなしとなった。昇格組同士の札幌−C大阪は1−1で引き分けた。
 仙台は15日のYBCルヴァン・カップ(FC東京戦)を挟み、18日に日立柏サッカー場で柏と対戦する。

◎前半は互角の展開
(1)ユアスタ
神戸 2/0−0/0 仙台
     2−0
▽得点経過
 後1分 1−0 大森(1)
 後6分 2−0 藤田(1)
▽観衆 14,369人

 仙台が0−2で敗れ、今季初黒星を喫した。前半は互角の展開。開幕から2試合連続無失点の守備は前半危なげなかったが、後半1分、大森に中央を崩され先制を許した。直後の6分にも失点。その後、西村、蜂須賀を相次いで投入したが、最後まで決め手を欠いた。

<ミス一つ一つ改善/仙台・渡辺晋監督の話>
 重要な意味を持つこの試合で勝利できず、非常に悔しいし、申し訳ない。小さなミスを一つ一つ改善し、復興のシンボルとして光が輝く時を、自分たちの手でたぐり寄せたい。

<大きな勝利収めた/神戸・ネルシーニョ監督の話>
 前半は拮抗(きっこう)した内容になったが、後半に2点を取れたことで落ち着いてゲームを運べた。われわれにとって大きな勝利を収めることができた。


2017年03月12日日曜日


先頭に戻る