宮城のニュース

<仙台東部道>名取中央スマートIC18日開通

建設中の名取中央スマートIC。左奥にイオンモール名取が見える=2月(東日本高速道路仙台工事事務所提供)

 宮城県名取市と東日本高速道路が整備を進めた仙台東部道路の名取中央スマートインターチェンジ(IC)が18日、開通する。仙台空港や大型商業施設のイオンモール名取に近く、東日本大震災からの経済復興や物流の向上が期待される。
 ICは2015年12月着工、事業費は約27億円。名取ICと仙台空港ICの間に位置し、自動料金収受システム(ETC)搭載車が利用できる。
 市は空港周辺地区を「生業再生・交流エリア」と位置付け、企業誘致などを目指している。名取中央スマートIC開通で、同エリアから仙台方面へは約2分の時間短縮効果があるという。
 市西部からスマートIC北側のイオンモールに至る県道大手町下増田線も25日に全線開通。買い物やレジャーなどの広域移動が促進され、地域活性化につながると見込まれる。
 市と同社は18日午前、現地で開通式を実施。一般車両の通行は午後3時を予定している。


2017年03月14日火曜日


先頭に戻る