宮城のニュース

<楽天 翼に風を>投打のバランス重視

池山隆寛(いけやま・たかひろ)兵庫・市尼崎高から1984年にヤクルトに入団し、88年から5年連続30本塁打を記録するなど、大型遊撃手として活躍。5度のリーグ優勝と4度の日本一に貢献し、ヤクルトの黄金期を築いた。通算成績は1784試合出場、1521安打、304本塁打、打率2割6分2厘。02年の引退後は野球解説者を経て、06〜09年に東北楽天、11〜15年にヤクルトで1軍打撃コーチなどを歴任。16年は再び東北楽天で1軍打撃コーチ。兵庫県出身。51歳。

◎池山隆寛1軍チーフコーチ

 今年からチーフコーチとして、責任あるポジションをいただいた。投手と野手が一体となり、コーチも一体となるよう、キャンプから取り組んでいる。
 大事に考えているのは投打のバランスだ。野球は打者からすれば点取りゲームだが、守備からすると点を与えてはいけないゲーム。そこのバランスをうまく取りたい。
 昨年は打撃コーチとして点を取ることを重視し、ウィーラーをあまり得意じゃない左翼の守備に置いたりした。しかし5点取っても、6、7点取られたら勝てない。ウィーラーは三塁か指名打者に置きたい。
 昨年の反省の一つに、日本ハム(8勝17敗)とソフトバンク(8勝16敗)に大きく負け越したことがある。苦手をつくらず、いかに準備して戦うか。向こうは打線がいいのでバッテリー中心に点を与えない野球をしたい。
 大きな連敗をしないことも大事だ。昨年5位に終わったのは、5月の9連敗が響いた。今年は先発に岸が加わり、大きく連敗しない確率は高まった。岸が投げるような試合で、しっかりした戦いをしないといけない。
 ヤクルトの現役時代を振り返ると、優勝した年は「知らない間に勝っていた」という試合が多かった。相手に打たれたのにしっかり守って点数は1点多いとか。そういう試合が多いほど上位に行ける。昨年はまさかの逆転負けが何度もあったが、中継ぎ陣の層が厚くなった。逆の勝ち方を見せたい。
 2013年の日本一の後、なかなか勝てなかったのは、レギュラーが決まらず、チームの土台がしっかりしなかったからだと、つくづく感じる。今年は遊撃茂木、中堅島内を固定し、ぶれないでやっていこうと思う。打順は茂木は1番。島内は7番でも相手は怖いと思う。
 ウィーラー、アマダー、ペゲーロの外国人3人をどう生かすか。3人が入れば機動力は多少欠ける。ただ相手がいい投手の時は、ガツンと一発が一番早い。外国人打者に限らず、いい投手に打ち勝てるかが、上位に行くポイントになる。
 昨年はけが人も多く、打順を何度も組み替えざるを得なかった。その分、今年に向けた多くのシミュレーションはできた。けが人が出ないのが一番だが、バックアップの適性を見られたのはプラス材料だ。
 先発の一枚に岸が入ってくれたおかげで、僕らも優勝する気になっている。優勝するには大きな山があると思うが、そういうところの分岐点を見極め、チームに活力を与える役割をしたい。(東北楽天1軍チーフコーチ)
          ◇         ◇         ◇
 今年の「翼に風を」は、東北楽天の池山隆寛1軍チーフコーチ、与田剛1軍投手コーチ、平石洋介2軍監督に担当していただきます。チームや選手の状態、若手の育成方針などについて毎月1回程度、順番に掲載します。


2017年03月14日火曜日


先頭に戻る