宮城のニュース

<バイキンひみつ基地>17日秘密が明らかに

ロボット「だだんだん」の中に入って遊ぶ子どもたち

 仙台市宮城野区の「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」で14日、17日にオープンする体験型施設「バイキンひみつ基地」の報道向け内覧会があった。
 ひみつ基地は1階ショッピングモール内にあり、敷地面積は146平方メートル。ロボット「だだんだん」を操縦できるコックピットや、カメラで顔を認識してばいきんまんの仲間に変身できるモニターを設置。内覧会では招待された家族連れなどが、ばいきんまんの世界に触れた。
 鈴木あゆみ館長(33)は「全国5カ所にあるミュージアムでばいきんまんの施設は初めて。仙台だけでなく、東北各地から来てもらえるよう館全体で盛り上げたい」と話した。
 17日は午前10時25分、ばいきんまん役の声優中尾〓聖さんを招いてオープニングセレモニーを開く。ひみつ基地のオープンで、入館料は1000円(税別)から1200円(同)になる。

(注)〓は隆の生の上に一


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る