宮城のニュース

<特殊詐欺>大崎市の男性300万円被害

 古川署は14日、宮城県大崎市の自営業男性(54)が特殊詐欺で現金300万円をだまし取られたと発表した。同署によると、男性は1月27日、電話で「馬券で運用している。出資しないか」と誘われ、2月3、24日の2回、指定された銀行口座にインターネットで現金を振り込んだ。一部配当金名目の入金があったが、3月になって口座が使えなくなり、だまされたと気付いた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る