宮城のニュース

<楽天>新人森原 手痛い一発を浴びる

 八回に登板した東北楽天の森原康平(新日鉄住金広畑)がオープン戦初失点を喫した。救援陣の一角にと期待される右腕だが、手痛い一発を浴びた。
 順調に打者2人を打ち取った後だった。船越に甘く入った変化球を引っ張られ、左翼席へのソロを浴びた。「ボールがシュート回転してしまった」と、森原は微妙な制球ミスを反省した。
 森原に続いて九回を投げた菅原秀も失点したが、梨田昌孝監督は「ここまで十分合格点と言える結果を出している」と、新人2人に対する高い評価を変えることはなかった。


2017年03月15日水曜日


先頭に戻る