岩手のニュース

盛岡のオオハクチョウA型検出

 岩手県は14日、盛岡市高松の「高松の池」で8日に回収したオオハクチョウ1羽の死骸の遺伝子検査で、A型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。北海道大で確定検査をする。


関連ページ: 岩手 社会

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る