秋田のニュース

<由利高原鉄道>車内は楽しいひな祭り

色鮮やかなひな飾りが展示された車内

 由利高原鉄道(秋田県由利本荘市)は、車内にひな飾りなどを展示した「おひなっこ列車」を運行している。20日まで。
 由利本荘市特産のごてんまりや矢島柳飾り、アテンダントが手作りしたひな飾りなどが飾られ、車内は春らしい雰囲気にあふれている。
 同市には江戸時代、本荘、亀田、矢島の各藩があり、北前船の寄港地として栄えたことから、おひなさまが多く残されている。市内では同期間、旧家や資料館など約55カ所で約1000体のひな人形を公開するイベント「由利本荘ひな街道 町中ひなめぐり」も開催中だ。
 おひなっこ列車は午前9時56分矢島発羽後本荘行きと、同10時46分羽後本荘発矢島行きの1日2便で、所要時間は約40分。通常運賃の大人600円、小学生300円で乗車できる。矢島、羽後本荘の両駅では通常運賃と同額で、ひな人形をあしらった記念乗車券を購入できる。
 連絡先は由利高原鉄道0184(56)2736。


関連ページ: 秋田 社会

2017年03月15日水曜日


先頭に戻る