宮城のニュース

<楽天>釜田 テンポのいい投球光る

広島戦に先発し、5回1失点の東北楽天・釜田

 5回1失点と先発の役割を果たした東北楽天の釜田は「走者を背負っても大量失点しないよう、一つずつアウトを積み重ねられた」と淡々と振り返った。
 「ストライク先行で勝負できた」とテンポのいい投球が光った。球数を54に抑え「投げたい所にきっちり投げられている」とうなずく。
 2本浴びた二塁打は、いずれも初球のストライク。「簡単に(カウントを)取りにいくと、痛い目に遭う。球数を抑えつつ、長打をなくすのは難しいが、試合の状況を読める投球を心掛けたい」と、課題を挙げるのも忘れなかった。


2017年03月16日木曜日


先頭に戻る