宮城のニュース

<さくら野仙台破産>運営会社4月末完全撤退

自己破産を申請したさくら野百貨店仙台店=2月27日、仙台市青葉区

 さくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)の運営会社エマルシェ(同)が自己破産した問題で、同社が4月末でビル管理などの業務から完全撤退することが16日、分かった。現在も営業を続けているテナント10店は5月以降、ビルの所有者と契約して営業を継続するか、契約せずに退去するかの決断が迫られる。
 エマルシェは複数のビル所有者とビル全体の賃貸契約を結んだ上で、テナントに貸し出している。
 関係者によると、エマルシェの破産管財人が9日、テナント10店を対象に説明会を開き、今後のビル運営などを説明。破産後も続けているビル管理などの業務を4月末で完全撤退する考えを示した。
 その上で5月以降はビル所有者との話し合いで、営業を続けるかどうかを判断するようテナント側に求めた。ビル内の電気やガス、水道などのインフラ面の説明はなかったという。
 6、7階で営業する中古書籍類販売「ブックオフ」の担当者は「撤退後のビル所有者との交渉は本社が対応するが、現段階では4月末で営業を終えることは考えていない。順調に営業を続けているので、困惑している」と話した。
 関係者によると、一部のテナントは4月末での営業終了を検討しているという。破産管財人を務める弁護士の事務所は取材に「何も答えられない」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る