宮城のニュース

さくら野仙台破産に続き 駅前商業ビル解体へ

テナントが7月末までの退去を求められているGSビル=仙台市青葉区

 JR仙台駅西口前の商業ビル「GSビル」(仙台市青葉区中央1丁目)を所有、管理するオリックス不動産(東京)が、ビル内の飲食店などテナントに7月末までの退去を求めていることが16日、分かった。オリックスはテナント退去後に建物を取り壊す方針だが、撤去には最低でも1年以上かかるとみられる。駅前では、同じく一等地に立つさくら野百貨店仙台店が先月破綻しており、空洞化の懸念が強まりそうだ。
 関係者によると、オリックスは当初、来年1月末までの営業を認める予定だった。しかし、仙台市が今年1月に公表した大規模建築物の耐震診断で、GSビルは震度6強〜7程度で倒壊または崩壊する危険性があると診断された。オリックスは安全面などを考慮し7月末までの退去を求めた。
 GSビルは地上一部8階、地下2階で、敷地面積は約1030平方メートル。1957年に建設された日乃出興業ビルが前身で、2003年にパチンコ店経営の大成商事(山形市)が買収。08年、建物と土地がオリックス不動産に売却された。現在はドラッグストアや飲食店などが入る。
 退去を求められた飲食店の関係者は「予定前の退去は営業面で困る。ただ、安全面を考慮すれば、オリックス側の要望も無視できない」と話した。
 オリックスはGSビル近くの青葉区中央3丁目に、地上8階、地下1階の「仙台南町通商業ビル(仮称)」を建設中。来年1月末の開業を計画し、GSビル内の一部店舗が移る予定だ。所有する複合商業施設「EDEN(エデン)」については、隣接するGSビルとの一体開発を視野に入れてきたが、計画は進んでいない。
 オリックス本社のグループ広報部は「GSビルは耐震強度の問題があるので、テナントと交渉しているのは事実」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月17日金曜日


先頭に戻る