宮城のニュース

住民票など8種 コンビニで交付 富谷市

 宮城県富谷市は4月1日、住民票などの証明書をコンビニエンスストアで交付するサービスを始める。マイナンバーカードを使った交付サービスは、2月開始の塩釜市に続き県内9例目。
 主要コンビニのマルチコピー機で住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書など8種が取得できる。手数料は1通300円を予定している。利用時間は年末年始を除き午前6時半〜午後11時。
 市は交付サービス開始に併せて市税、水道料金、保育料のコンビニ納付にも対応する。市民生活課は「平日昼間に役所に来られない住民も多く、利便性向上につながる」と話す。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る