宮城のニュース

<卒業式>山村留学で転入 親へありがとう

卒業証書を手に恩師との別れを惜しむ松永さん(中央)ら=丸森町耕野小

 宮城県丸森町耕野小(児童14人)で17日、卒業式が行われた。山村留学で埼玉県熊谷市から転入し、1年間学んだ松永凜佳(りんか)さん(12)ら6年生5人が卒業証書を受け取った。
 全員で「感謝の心や友情の尊さを教わりました。在校生は力を合わせ、素晴らしい耕野小を築いてください」と別れの言葉を述べた。恩師に「カントリーロード」を歌って贈った。
 松永さんは「親元を離れ、親のありがたさが分かった。耕野は人々の絆が強い地域だと思う。里親さんのように周囲に優しく接したい」と笑顔を見せた。
 母の満佐子さん(44)は「耕野での生活で自信を持ち、大きく成長した。自分の思いを大事にしてほしい」と見守った。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る