山形のニュース

列車ではしか感染警戒 山形

 山形県は17日、置賜地方の自動車教習所に通っていた西置賜郡の10代男性がはしかに感染したと発表した。自動車教習所には、2日に山形新幹線で来県してはしかを発症した横浜市の20代男性も通っていた。山形県によると、西置賜郡の男性は15日午前6時30分山形発福島行き普通列車で赤湯駅まで乗車した。県は感染拡大の可能性があるとして警戒を呼び掛けている。


関連ページ: 山形 社会

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る