宮城のニュース

<B1仙台>第2Q連続12失点 痛い黒星

 仙台が大敗した。第2クオーター、23−23から連続10失点。さらに2得点を挟んで連続12失点し突き放された。攻撃は外一辺倒になり、わずか8得点だった。その後は一度も1桁点差に迫れなかった。2桁得点は仙台が志村、ホワイト、片岡の3人に対し、富山は6人に上った。

富山(11勝34敗) 88/23−21/64 仙台(12勝33敗)
              24−8
              19−22
              22−13
▽観衆 2515人(カメイ)

<非常に悔しい/仙台・間橋健生監督の話>
 富山に直接対決の得失点差でも下回り、非常に悔しい。石川の不在は言い訳にしたくない。柳川ら、アタックできる選手は他にもいた。それぞれの選手がもっと自分の力を発揮するべきだった。


2017年03月20日月曜日


先頭に戻る