宮城のニュース

<三陸沿岸道>志津川−南三陸海岸が開通

南三陸海岸ICの利用開始をテープカットで祝う関係者=20日午後2時45分ごろ、宮城県南三陸町

 東日本大震災の復興道路として国が整備を進める三陸沿岸道路のうち、宮城県南三陸町の志津川インターチェンジ(IC)−南三陸海岸IC間の3キロが20日、開通した。現地で記念式典があり、住民らは復興の加速へ期待を寄せた。
 同区間は震災直前の2011年3月に着工。2カ所の橋と3本のトンネルを含む。総事業費は約110億円。南三陸海岸ICは南三陸病院や魚市場に近く、緊急搬送時間の短縮や水産物の輸送効率化が図れる。
 式典には約200人が出席。三陸道延伸に向けて活動する地元の団体「気仙沼・本吉リアスハイウェイ女性の集い委員会」に参加する同町歌津の会社員佐藤ふく子さん(64)は「産業の底上げと人口減少の歯止めに期待したい。震災前のような町に復興するよう見守りたい」と述べた。
 国は20年度までに仙台港北IC(仙台市)−八戸JCT間の359キロを開通させる。南三陸海岸IC−歌津IC間4.2キロは新年度中に開通する予定。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月21日火曜日


先頭に戻る