宮城のニュース

<八木山動物公園>動物たちと触れ合い満喫

愛らしいイングリッシュモルモットに触れる子どもたち

 仙台市八木山動物公園で20日、動物との触れ合いや餌やりを楽しめる「春まつり」が開かれた。大勢の家族連れが、珍しい動物とのスキンシップを楽しんだ。
 室内では雌のイングリッシュモルモットに触れるイベントがあり、子どもらが体長約20センチの愛らしい小動物を膝の上に乗せて背中をなでた。
 参加した青葉区北仙台小3年の伊藤色芭(いろは)さん(9)は「毛がすごく柔らかかった。震えていたので怖かったのかな」と話した。
 フタコブラクダに直接、ニンジンを与えたり、レッサーパンダに飼育員がおやつをあげるのを見たりするイベントなどもあった。
 まつりは気温が上がって、行動が活発になる動物を見てもらおうと、春分の日に合わせて企画した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月21日火曜日


先頭に戻る