広域のニュース

<スポーツ選手進路>仙台大松本ホンダ鈴鹿へ

ホンダ鈴鹿入りする松本内野手(仙台大)

 国内外で活躍した東北関係のスポーツ選手が2017年度、プロ、社会人、大学などに進み、新たな競技生活を送る。主な選手の進路を紹介する。
 仙台六大学野球リーグで114本だった通算安打記録を25年ぶりに塗り替え、120本まで伸ばした内野手松本桃太郎(仙台大)はホンダ鈴鹿入り。サッカーの全国高校選手権と高円宮杯U−18(18歳以下)チャンピオンシップの2冠に輝き、同選手権得点王となった青森山田高のFW鳴海彰人は仙台大でプレーする。
 ラグビーの高校日本代表FB猿田勇(秋田工高)は明大に進学。ソフトボールのU−19日本代表の内野手須藤志歩(青森・弘前学院聖愛高)は豊田自動織機で長打力に磨きを掛ける。
 全国高校総体(インターハイ)、国体陸上男子のトラック中長距離種目を制した遠藤日向(福島・学法石川高)は世界の舞台を目標に住友電工で脚力を鍛える。東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)の10区(23キロ)で参考記録となるオープン参加ながら、区間最高タイムを出した東京国際大の照井明人(岩手・専大北上高出)は南陽市のエヌ・デーソフトウェアでマラソン挑戦に備えて練習する。
 バドミントンの世界ジュニア選手権女子ダブルスで優勝した保原彩夏(宮城・聖ウルスラ学院英智高)はヨネックスで一層のレベル向上を目指す。インターハイ、国体のスキー複合で頂点に立った木村吉大(秋田・花輪高)は専大で、インターハイのスピードスケート男子1万メートル覇者の山本大史(青森・八戸西高)は明大で競技に打ち込む。

 【野 球】
長坂拳弥(東北福祉大)→阪神
小野泰己(富士大)→阪神
京田陽太(日大、青森山田高出)→中日
高井俊(宮城・東北高―BCリーグ新潟)→巨人(育成)
松原聖弥(仙台育英高―明星大)→巨人(育成)
松本桃太郎(仙台大、仙台六大学リーグ通算最多安打記録120本)→ホンダ鈴鹿
進藤拓也(JR東日本、秋田・西仙北高―横浜商大出)→DeNA
菊沢竜佑(相双リテック)→ヤクルト
三森大貴(青森山田高)→ソフトバンク
種市篤暉(青森・八戸工大一高)→ロッテ
石垣雅海(山形・酒田南高)→中日
堀岡隼人(青森山田高)→巨人(育成)
田城飛翔(青森・八戸学院光星高)→ソフトバンク(育成)
千葉耕太(岩手・花巻東高)→東北楽天(育成)

 【サッカー】
高橋壱晟(青森山田高、全国高校選手権優勝)→J2千葉
広末陸(青森山田高、全国高校選手権優勝)→J1F東京
鳴海彰人(青森山田高、全国高校選手権優勝・得点王)→仙台大
鈴木あぐり(宮城・常盤木学園高)→なでしこリーグマイナビベガルタ仙台レディース
須永愛海(仙台大)→なでしこリーグINAC神戸

 【ラグビー】
猿田湧(秋田工高、高校日本代表)→明大

 【バスケットボール】
水野幹太(福島南高、インターハイ3位、U―18男子アジア選手権日本代表)→法大
阿部泉美(宮城・聖和学園高、U―17世界選手権日本代表)→東京医療保健大
佐藤美羽(山形商高、U―18女子アジア選手権日本代表)→山形大

 【ソフトボール】
須藤志歩(青森・弘前学院聖愛高、女子U―19日本代表)→豊田自動織機
高原侑里(東北福祉大、大学女子日本代表)→戸田中央総合病院

 【陸上】
照井明人(岩手・専大北上高―東京国際大、東京箱根間往復大学駅伝10区最高タイム)→エヌ・デーソフトウェア
遠藤 日向(福島・学法石川高、インターハイ男子1500メートル優勝、国体少年男子A5000メートル2連覇)→住友電工
菊池颯太(青森・弘前実高、インターハイ男子円盤投げ優勝、国体少年男子共通円盤投げ優勝)→東海大
甲羽ウィルソン貴士(宮城・柴田高、インターハイ男子八種競技2位)→日大
斎藤椋(秋田工高、全国高校選抜大会男子1万メートル優勝)→旭化成
桑添友花(宮城・古川黎明高、日本ジュニア選手権女子やり投げ優勝)→筑波大

 【水泳】
赤石咲乃(宮城・東北高、インターハイ女子200メートル平泳ぎ3位)→筑波大

 【バドミントン】
山沢直貴(福島・富岡高、インターハイ男子シングルス優勝、国体少年男子団体優勝、U―19日本代表)→法大
本田大樹(福島・富岡高、U―19日本代表)→龍谷大
保原彩夏(宮城・聖ウルスラ学院英智高、世界ジュニア選手権女子ダブルス優勝、U―19日本代表)→ヨネックス
仁平菜月(福島・富岡高、インターハイ女子シングルス優勝、U―19日本代表)→トナミ運輸
曽根夏姫(青森山田高、U―19日本代表)→ヨネックス
小田菜摘(青森山田高、U―19日本代表)→広島ガス

 【自転車】
鵜沼利久(福島・白河実高、国体少年男子個人ロードレース2位)→日大
尾形尚彦(宮城・東北高、国体少年男子個人ロードレース3位)→中大
根本雄真(福島・学法石川高、インターハイ男子スクラッチ優勝、国体少年男子スクラッチ2位)→日大
藤根俊貴(岩手・紫波総合高―順大、国体男子チームスプリント2位)→日本競輪学校

 【ゴルフ】
小西健太(東北福祉大)→プロ
伊藤有志(東北福祉大)→プロ

 【重量挙げ】
宍戸大輔(福島工高、全国高校選抜大会85キロ級優勝、インターハイ77キロ級トータル優勝、国体少年77キロ級トータル優勝)→日大
佐藤陽南乃(岩手・水沢高、全日本女子選抜選手権高校の部63キロ級優勝)→盛岡医療福祉専門学校
信太 咲菜(秋田・能代工高、全国高校女子選手権63キロ級トータル2位)→東京国際大
福塚真羽(秋田・金足農高、全国高校女子選手権75キロ級トータル2位、全日本女子選抜選手権高校の部75キロ級トータル2位)→仙台大

 【フェンシング】
高橋七美(福島・川俣高、インターハイ女子サーブル3位)→日体大

 【ボクシング】
坂本達也(青森山田高、インターハイ男子ライトフライ級3位)→近大
照井湧真(岩手・黒沢尻工高、インターハイ男子ミドル級3位)→東京農大
小野雪音(青森・弘前東高、インターハイ女子ピン級3位)→青森大
住吉さくら(岩手・水沢工高、インターハイ女子フライ級3位)→自衛隊体育学校

 【レスリング】
番地啓太(青森・八戸学院光星高、国体少年男子グレコローマンスタイル120キロ級2位)→国士舘大
島谷東志(秋田商高、国体少年男子グレコローマンスタイル55キロ級3位)→大東文化大

 【ボート】
阿部杏輔(岩手・黒沢尻工、インターハイ男子かじ付き4人スカル優勝)→日大
浅利真美子(秋田高、国体少年女子シングルスカル2位)→早大

 【カヌー】
菊池憲斗(山形・谷地高、インターハイ男子スプリント・カヤックシングル500メートル優勝、国体少年男子スプリント・カヤックペア200メートル、500メートル優勝)→日体大
縄空(山形・谷地高、インターハイ男子スプリント・カヤックペア200メートル、500メートル優勝、国体少年男子スプリント・カヤックシングル200メートル、500メートル優勝)→立命大
木村大翔(山形・谷地高、インターハイ男子スプリント・カヤックペア200メートル、500メートル優勝、国体少年男子スプリント・カヤックペア200メートル、500メートル優勝)→同志社大
志田駿太郎(山形・寒河江高、国体少年男子スプリント・カナディアンシングル200メートル、500メートル優勝)→立命大
下屋敷泰成(岩手・不来方高、国体少年男子スプリント・カナディアンペア500メートル3位)→鹿屋体大
橋沼新(宮城・登米高、インターハイ男子スプリント・カヤックシングル200メートル3位、国体少年男子スプリント・カヤックシングル200メートル3位)→鹿屋体大
増川かな(山形・寒河江高、インターハイ女子スプリント・カヤックシングル200メートル、500メートル3位、国体少年女子スプリント・カヤックペア200メートル優勝)→山形大
吉見優華(山形・谷地高、インターハイ女子スプリント・カヤックペア200メートル、500メートル2位)→同志社大
中前いつき(岩手・不来方高、インターハイ女子スプリント・カヤックペア200メートル3位、国体少年女子スプリント・カヤックシングル200メートル、500メートル優勝)→大正大

 【スキー】
木村吉大(秋田・花輪高、インターハイ複合優勝、国体複合少年男子優勝)→専大
湯瀬瞬(秋田・小坂高、全日本選手権複合2位、全国高校大会ジャンプ2位)→日大
米田菜緒(秋田・小坂高、国体女子リレー優勝)→日大

 【スケート】
山本大史(青森・八戸西高、インターハイスピード男子1万メートル優勝)→明大
小竹琉湖(山形中央高、国体スピード少年女子1500メートル優勝)→早大


2017年03月24日金曜日


先頭に戻る