岩手のニュース

<宮古市長選>内舘氏が出馬へ

内舘 勝則氏

 任期満了に伴う岩手県宮古市長選(6月18日告示、25日投開票)で、宮古市議の内舘勝則氏(61)は25日、無所属で立候補する意向を表明した。民進、共産、自由、社民の各党に推薦を要請する考えも明らかにした。
 内舘氏は同市のホテルで記者会見し「平成の4市町村合併の効果と課題を検証し、地域の特性を生かしたまちづくりをしたい」と語った。
 内舘氏は同市夏屋出身。岩手県立農業短期大卒。1982年旧川井村役場入りし、同村で2007年から村長を務めた。宮古市と旧川井村合併後の10年に市議に初当選し、現在2期目。
 同市長選では、現職の山本正徳氏(61)が無所属で立候補することを表明している。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年03月26日日曜日


先頭に戻る