宮城のニュース

<さくら野仙台破産>突然の破綻劇 影響続く

4月末までの営業終了を検討しているICI石井スポーツ仙台さくら野店

 さくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)の運営会社エマルシェ(同)が自己破産して27日で1カ月となった。店舗閉店後も営業を続けるテナントの中には、撤退方針を固めたところも出始めた。解雇された元従業員は再就職探しに奔走、突然の破綻劇の影響が続く。

■テナント
 エマルシェ側は4月末で管財業務を終える考えで、営業中のテナント10店にそれまでの退去を要求。一部テナントは撤退を決めた。
 5階のICI石井スポーツ(東京)は同時期までに営業を終える方針。17日から閉店セールを始めた。担当者は「破産管財人から求められ、4月末までに退去するつもりで進める」と話す。JR仙台駅西口周辺で移転先を探し、営業を継続する方向だ。
 1階の伊藤豆屋(仙台市)は、建物所有者から5月下旬まで営業可能と告げられた。同時期まで営業するが、それ以降は電気が止まる可能性が高く、担当者は「退去するしかない」と冷静に話した。
 2階の海外アパレル「H&M」や6、7階に入る中古書籍類販売のブックオフは未定。ブックオフの担当者は「管財人らの意向は聞いているが、できれば営業を続けたい」と強調する。

■元従業員
 元従業員約120人の多くは、店内の整理や財務処理などを終え、再就職先を求めて活動している。
 元従業員らでつくるエマルシェさくら野労働組合(組合員108人)によると、求人は流通、サービス業を中心に約500社に上る。27日現在、組合員の女性11人が再就職を決めた。大半が藤崎と仙台三越だった。
 岩本貴信委員長(43)は「仕事面で安心できる同業という点が大きかった。両社に受け入れてもらい感謝している」と話す。
 大半が正社員だった男性従業員約20人は苦戦している。約500社の求人は正社員採用がほとんどない。岩本氏は「男性社員の多くは家族を抱え、正社員での採用を希望している。組合としても支援していきたい」と語った。

■債権者・取引先
 東京商工リサーチ東北支社によると、未払い賃料の債権者を除く債権額100万円以上の業者168社のうち、半数近くがアパレル関連だった。
 168社中、東北支社に企業情報がある152社を分析した。業種別は「繊維・衣服等卸売業」が36社で最多。「繊維・衣服・身の回り品小売業」「繊維工業」が各19社。3業種ともアパレル関連業で、全体の48.7%を占めた。3業種の債権額は計約2億7400万だった。
 債権者の本社所在地は東京が68社でトップ。宮城27社、大阪18社が続いた。
 債権者の一人で仙台市若林区の婦人服卸売業の担当者は「売上金が満額入ってくるとは考えにくい。さくら野百貨店と長い付き合いだったが、計画性を感じる破産で複雑な感情を引きずっている」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月28日火曜日


先頭に戻る