宮城のニュース

<いちおし土産>スポンジ食感生かす

スポンジの食感が人気のハイデルベルグ

◎ハイデルベルグ/岩井洋菓子店(仙台市青葉区)

 52年の歴史がある洋菓子店で、創業初期からの看板商品として人気を集める。長年のファンが多く、岩井隆社長(41)は「味を変えないための努力をしている」と語る。
 特徴はスポンジ生地の食感。「『ふわふわ』と『しっとり』のいいとこ取り」と岩井社長。味はチョコレート、ホワイトチョコ、抹茶の3種類。クリームの量をあえて控えめにし、スポンジの食感を最大限に生かしている。
 菓子を何個か積み上げると石垣のように見えることから、商品名はドイツの古城から付けた。キャッチコピーは「100人が食べて100人が『うまい』と言った伝説の菓子」。30年以上前、とある会合に納品した際のエピソードを基にしたという。
 岩井社長は「お年寄りにも若い人にも好まれる味。仙台を代表する菓子にしていきたい」と話す。

<メモ>1個130円(税抜き)。仙台市青葉区の北山本店と柏木店で販売するほか、電話やホームページでも受け付ける。4月1〜30日はJR仙台駅1階でワゴン販売する。連絡先は北山本店022(272)7122。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月30日木曜日


先頭に戻る