宮城のニュース

<インバウンド>仙台圏1日フリー乗車券発売へ

 JR東日本や宮城交通、仙台市交通局などでつくる「仙台まるごとパス運営協議会」は4月1日、仙台圏を訪れる外国人旅行者向けのフリー乗車券「SENDAI AREA PASS」を発売する。仙台圏の観光地までの交通手段が1日乗り放題になる。
 対象区間は、JRが東北線の白石−松島と岩切−利府、仙石線のあおば通−松島海岸、仙山線の仙台−山寺。第三セクター鉄道阿武隈急行は槻木−あぶくま、宮城交通バスは仙台駅前−秋保大滝。仙台市地下鉄と市営バス、るーぷる仙台、仙台空港鉄道は、いずれも全線が対象となる。
 仙台市や宮城県の観光施設、ホテルなど計18施設で割引やプレゼントのサービスを受けられる特典も付く。価格は大人が1300円、子ども(6〜11歳)が650円。JR仙台駅の旅行窓口「びゅうプラザ仙台駅」で購入できる。


関連ページ: 宮城 経済

2017年03月31日金曜日


先頭に戻る