宮城のニュース

みやぎ生協 事業所内保育所開設

みやぎ生協による事業所内保育所の第1号、「コープこやぎの保育園」

 みやぎ生協(仙台市)は1日、仙台市宮城野区苦竹3丁目に整備中の共同購入配送拠点「仙台中央センター」敷地内で、事業所内保育所「コープこやぎの保育園」を開設する。同生協の事業所内保育所は初めて。従業員に加え地域住民の子どもも受け入れ、市の待機児童対策に協力する。
 保育園は生協設立の社会福祉法人「こーぷ福祉会」が運営する。保育対象は生後6カ月から2歳までで、定員32人。建物は木造2階、延べ床面積約320平方メートル。東北産のカラマツやスギなどの集成材を使い、自然の雰囲気を取り入れた。
 保育士は非常勤を含め13人。園内に調理室があり、同生協の食材などを使った給食を提供する。
 保育園は1月1〜3日を除き、日曜・祝日も運営する。時間は午前7時半〜午後7時半。
 山崎秋子園長は「子どもと保護者にとって、安全安心で笑顔がいっぱいの保育園にしたい」と話した。1日に入園する子どもは7人で、まだ空きがある。連絡先は同保育園022(290)6822。


関連ページ: 宮城 経済

2017年04月01日土曜日


先頭に戻る