岩手のニュース

<タニタ食堂>盛岡に7日開店 ヘルシー献立

もりおかタニタ食堂の日替わり定食

 岩手県盛岡市のクロステラス盛岡に7日、おいしくヘルシーな定食でおなじみの「タニタ食堂」がオープンする。県内で学習塾を展開するエムシーエス生涯学習センター(盛岡市)が運営。低塩、低カロリーの食事で市民の健康増進をサポートする。
 「もりおかタニタ食堂」は、健康計測機器メーカー「タニタ」(東京)の社員食堂の献立を再現。野菜約200グラム、塩分3グラム以下で500キロカロリー前後に抑えた日替わり定食(830円)や野菜のケーキ(350円)、タニタ監修のコーヒー(380円)を提供する。
 フロアには44席を配置。タニタの体組成計を置いたカウンセリングコーナーでは、食堂利用者が栄養士による健康アドバイスを無料で受けられる。営業時間は午前11時〜午後8時。
 5日の内覧試食会では、鶏ささみ肉のピカタ、キノコサラダ、インゲン豆と大豆モヤシのゴマあえの定食(464キロカロリー)が関係者らに振る舞われた。
 エムシーエスの鎌田康誠取締役は「教育活動を通して以前から食に関心を持っていた。県民の健康維持に貢献していきたい」と話す。今後、学習塾や企業向けの弁当サービス、食育セミナーなどを企画し、幅広い年代向けの健康維持支援事業を本格展開していく。
 タニタ食堂は、東北では秋田市中心部の店舗に次いで2軒目。


関連ページ: 岩手 社会

2017年04月06日木曜日


先頭に戻る