広域のニュース

龍ケ崎・伊達都祭りの会 だてな計らいに笑顔

大和町役場で職員と談笑する藤木さん(左から2人目)=宮城県大和町

 ◇…仙台藩2代藩主伊達忠宗の側室たけの出身地・茨城県龍ケ崎市で地域活性化に取り組む「龍ケ崎・伊達都祭りの会」が宮城県大和町役場などを訪れた。
 ◇…同町宮床地区は、忠宗とたけの間に生まれた宗房が宮床伊達家を興した地で、都祭りの会と宮床地区住民は互いに行き来するなどの交流を続けている。
 ◇…「交流がきっかけで大和町の観光パンフレットに、たけも入った家系図を載せてもらえた」。町職員と懇談した都祭りの会の藤木妙子代表(63)らは、だてな計らいに笑顔を見せた。(泉)


関連ページ: 広域 社会

2017年04月06日木曜日


先頭に戻る