宮城のニュース

待ってるよ 放課後児童クラブに遊び場完成

増築された新クラブ室

 共働き世帯が増えたことなどによる利用登録者の増加に伴い、宮城県岩沼市が増築を進めていた岩沼西児童センター放課後児童クラブの新しいクラブ室が完成し、現地で6日、お披露目会が開かれた。
 地元住民や児童ら約100人が出席。菊地啓夫市長は「子どもたちが安心して生活できる場所を提供したかった。親も安心して働けるだろう」とあいさつ。皿回しや縄跳び、竹馬など、児童らによるアトラクションが式典に花を添えた。
 新クラブ室は鉄骨平屋で床面積は約250平方メートル。西児童センターの園庭の一角に建てられ、子どもたちの遊び場となる部屋を二つ設けた。定員は70人分増えて計110人となった。総事業費は約9050万円。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年04月07日金曜日


先頭に戻る