福島のニュース

今村復興相が特別委で謝罪 辞任は否定

衆院東日本大震災復興特別委で、冒頭、福島第1原発事故に伴う自主避難者への対応を巡る発言について謝罪する今村復興相=6日午前

 今村雅弘復興相は6日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者に対し「自己責任」との認識を示した発言を巡り、「自己責任という言葉の使い方が良くなかった。深くおわび申し上げる」と謝罪した。「引き続き誠心誠意職務に当たる」とも述べ、辞任しない考えを明らかにした。
 今村氏は「いろんな状況を勘案しながら自己判断で、と言ったつもりだった。原発事故のために避難しているにもかかわらず、自らの責任であるような印象を与えてしまった」と釈明した。民進党の郡和子氏(比例東北)への答弁。
 質疑では同党の玄葉光一郎氏(福島3区)が「自主避難者には『いつまでも待っています。納得できた時点で戻ってきてほしい』という姿勢で、言葉を選んで向き合ってほしい」と注文を付けた。
 今村氏は4日の閣議後記者会見で、自主避難者が帰還するか避難を続けるかは「本人の責任、本人の判断だ」と発言。質問して言い争いとなったフリー記者に「出て行きなさい」「うるさい」などと声を荒らげ、同日中に陳謝する一幕があった。
 安倍晋三首相も6日の衆院本会議で「一日も早い復興に向けて取り組んでもらいたい」と述べ、今村氏の辞任は必要ないとの考えを示した。


関連ページ: 福島 社会

2017年04月07日金曜日


先頭に戻る